MAMANO(ママノ) -神様のチョコレート-

−MAMANOが扱うアリバカカオの秘密

鼻に抜けるフルーティな香りと華のような独特の香りが特徴の世界最高峰のチョコレートです。
世界中の品評会でフレーバー部門、ダークチョコレート部門等優勝実績も多数。
 

ー美味しさの秘密

1. エクアドルの先住民コミュニティKALLARI(カヤリ)

MAMANOで扱っているチョコレートはただのチョコレートではありません。使用しているのはエクアドルの希少ナショナル種アリバ・カカオ。
しかし、同じアリバ・カカオでも育てる人、育て方によって味も香りも全く違うものになります。

MAMANOはエクアドルのアマゾン奥地にある850のカカオ農家が集まったKALLARI(カジャリ)というコミュニティが自然農法で育てたカカオのみを使用しています。

世界的な評価も、最高レベル。
例えば、2012年にロサンジェルスで行われたテイスティングイベント「CHOCOLATE SALON」
http://www.tastetv.com/sf-lasalon-award12.html

チョコレートの種類によって、金銀銅の賞が与えられます。
KALLARIのチョコレートが受賞したものは、、、
金賞3つ、銀賞2つ、銅賞2つと素晴らしい評価を頂きました。

■金賞
Top Artisan Chocolatier
Best Flavored Chocolate Bar 
Best Organic or Fair Trade Products

■銀賞
Best in Salon
New Product Award

■銅賞
Best Dark Chocolate
Best Dark Chocolate Bar
 

2. NON-GMOの砂糖を使用

GMOとは、“genetically modified organisms”の略です。
日本語では、「遺伝子組み換え食品」という意味になります。
つまり、NON-GMOとは遺伝子組み換え食品でない自然の食品という意味です。

日本の市場に出回っている遺伝子組み換え食品は、基本的には安全性が確認されたものではありますが、MAMANOではより高い安全性を確保するために、自然由来の食品を使用するよう心がけています。
 

3. カカオ豆の収穫から製品化までわずか3ヶ月のスピードによるフレッシュさ

MAMANOがフェア・トレードで使用するKALLARIのチョコレートは、アマゾンの源流地域で栽培されたものを発酵、天日で乾燥させた後、川を下って工場へ運んでいます。工場もKALLARI ASSOCIACIONが保有しているため、最高品質のアリバ・カカオの新鮮さを失わないうちに製品化できています。

収穫から製品化まで3ヶ月って早いの・・・?
栽培と工場が近いのって当たり前じゃないの・・・?

実は、ほとんどのチョコレートは栽培地と工場が遠く遠く遠く離れた場所にあります。
そのため、船での輸送に数ヶ月かかることもあり、カカオの新鮮さが少なからず失われてしまうんです。

これが、MAMANOのチョコレートが、同じアリバ・カカオを扱う他のメーカーや農家と全くレベルの違う味と香りを生み出せている決定的な違いの一つです。


商品カテゴリー

赤坂カードチョコレート MAMANO赤坂カードチョコレート板チョコレート

極上とろける大粒生チョコレート
生チョコ

トリュフ

“トリュフ”

ロシェ
“ロシェ”

ボンボンショコラ
ボンボンショコラ

焼き菓子

“焼き菓子”

ギフト

“ギフト”

グループから探す

グループから探す